Top >  紅富貴の種類 >  紅富貴の種類

スポンサードリンク

紅富貴の種類

紅富貴(べにふうき)はもともとは紅茶用の品種ですが、発酵させて作る紅茶は製造段階で酸化してメチル化カテキンは消滅してしまいますので、緑茶に加工することでメチル化カテキンを多く残したお茶といえます。

茶葉として売られているものをお茶にしたり、ペットボトル入りのドリンク、カプセルタイプや微粉末の紅富貴もみられます。

カプセル状の紅富貴では、紅富貴の茶葉を粉末にして茶葉を丸ごと摂取できるのが特徴です。

紅富貴は、栽培量が少なく静岡や九州・沖縄など一部の地域で栽培されています。近年、さまざまな研究機関で研究され、紅富貴の茶葉に含まれるメチル化カテキンがアレルギーや花粉症に効果のあることで注目されています。

お茶としても美味しく飲めますが、苦味の苦手な人には茶葉を粉末にしたカプセルで摂取することも便利です。最初は紅富貴の生産が全く追いつかず品薄だったのですが、計画的に生産量を増やしています。



スポンサードリンク

 <  前の記事 紅富貴とは?  |  トップページ  |  次の記事 紅富貴のメチル化カテキン  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1355

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

お薦めサイト

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
  • このページについて

    このページは「紅富貴で花粉症対策」の記事のひとつです。

    他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。