Top >  紅富貴とは >  紅富貴とは?

スポンサードリンク

紅富貴とは?

紅茶と日本産の緑茶を合わせた紅茶を、緑茶として生成した結果、メチル化カテキンという物質が花粉症の症状を緩和するだけでなく、IgE抗体の数を減らし、刺激物質を出さなくする効果があることがわかり注目を集めています。

たとえ刺激物質が出ても、刺激物質の過剰反応を抑え花粉症の症状を抑えてくれるため、花粉症の予備軍の人にも、花粉症予防にも効果が期待できる。また、ダイレクトに効果があるので、即効性が体感できる。
大手飲料メーカーでも商品化の真っ最中。栽培量が少なく静岡や九州・沖縄など一部の地域で栽培されています。

紅富貴のお茶を試飲したあとしばらくすると、一杯目で鼻が通り、息を吸うのが楽になったり、鼻の粘膜の腫れが引き、水っぽさがなくなっていたという報告があります。目のかゆみが治まったりなど、約1時間で症状の変化を実感したといわれています。
メチル化カテキンは、一部の凍頂ウーロン茶にも含まれています。



スポンサードリンク

トップページ  |  次の記事 紅富貴の種類  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

お薦めサイト

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
  • このページについて

    このページは「紅富貴で花粉症対策」の記事のひとつです。

    他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。